記事の詳細

雨漏りが起きる原因は、様々なものがあります。
一番多い要素は老朽化や地震や台風で瓦がずれて、そこから水が漏れることですが、それだけでなく長雨によって雨漏りが起こるというのも盲点のようです。
業者に任せるのもいいのですが、予算が結構かかるので、自分でやれる方法がある時はやってみましょう。
そもそも雨漏りの原因は、前述の原因は屋根瓦の場合ですが、とたんタイプの家ならば、屋根そのものの錆による、腐食劣化や、継ぎ目から雨水が侵入していると考えられます。
そして盲点の理由としては、排水管や雨水を通す管にごみがたまると、そこに水が長年たまってしまい、そこから水が浸入するという結果になるというのも重要なところでしょう。
このように原因を考えたうえで、自分で修理することが大切で、雨水管を見た時にごみが詰まっていれば、定期的に掃除すれば、雨漏りの予防にもなりますし、トタン屋根がさび付いて腐食が見られたならば、サンドペーパーややすりで腐食部分を除去して、ホームセンターで屋根用の補修材を購入して、除去部分を埋めて、錆を防ぐ塗料を塗れば簡単に雨漏り修理ができます。
また、継ぎ目の部分が原因の場合は、シリコン系のコーティング剤で継ぎ目部分を埋めれば修理できるでしょう。
雨漏り修理は個人でできる部分は結構あります。
これでもだめならば、プロに任せましょう。
そのほうが費用を抑えられる場合も多いです。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

mpic_00
ページ上部へ戻る